ブログ

春分の日のお祝いに! | Fish Bank TOKYO汐留

2018.03.7
こんにちは。Fish Bank TOKYO汐留です。



もうすぐ春分の日ですね。この日が近付くといよいよ春が来たな、という気分になりますがそもそも「春分」というのがどういう意味かご存知の方は意外と少ないのではないでしょうか?今回は、春分の日の意味や由来を合わせてご紹介させていただきます。

 

春分の日ってどういう意味?


もともとは明治時代に定められた春季皇霊祭(しゅんきこうりょうさい)という祭事だったのが昭和時代に「春分の日」と改められたのがこの祝日の始まりです。「自然をたたえて、生物をいつくしむ」という意味のある春分の日は先祖の霊を敬う日でもあり、同じ時期に「お彼岸」があるのはこのためです。天文学的に言えば春分の日は昼の長さと夜の長さが同じになる日でもあるので、古来の人々はこの日を不思議な日と考えていたようです。

 

春分の日のお祝いにはぜひ当店へ!


自然や先祖を敬う春分の日を大事な人とお祝いをするなら当店Fish Bank TOKYOはいかがでしょうか?大切な方とのお祝いにぴったりな【プレミアムアニバーサリープラン】は窓際のお席をお取りしますので、地上215メートルから眺める東京タワーが眼前に広がる素敵な夜景を楽しめます。お料理も「和牛フィレステーキとフォアグラのロッシーニスタイル」や「フィッシュバンクスペシャル!生雲丹のフラン!」といった当店のシェフが腕によりをかけた逸品の数々を召し上がっていただけますよ。汐留の夜景レストラン フィッシュバンクトーキョーのフィッシュバンクコース

Fishi Bank TOKYO汐留は地上215mからの東京のパノラマの夜景と

ゆったりとした空間でお食事を楽しめます。

フレンチをベースとしながらもカレゴリーの枠に捉われず、

様々なディティールを融合し現代的タッチで四季折々を表現。

当店のスペシャリテの『生ウニのフラン』はウニの旨味を全て凝縮した

絶対にお召し上がり頂きたい感動ある一品です。

そしてメインはお肉×赤ワインのマリアージュを。

贅沢なワンシーンをお楽しみいただけます。

大切な方との記念日、ビジネスでのご会食に。

美味しい料理とワインを楽しみたい、様々なご利用シーン

リクエストにお応えいたします。

 

Twitterはこちら

Instagramはこちら

電話番号:050-5868-5407

以上Fish Bank TOKYO汐留PR担当でした。

※記事中では一部著作権フリーの画像を使用している場合がございます。

フィッシュバンクトーキョー汐留のご案内-汐留夜景-

◆店舗名 フィッシュバンクトーキョー汐留
◆住 所 東京都港区東新橋1-5-2 汐留シティセンター41F
◆アクセス JR 新橋駅 徒歩3分
地下鉄銀座線 新橋駅 徒歩3分
ゆりかもめ 汐留駅 徒歩1分
地下鉄都営大江戸線 汐留駅 徒歩2分
・3-minutes on foot from JR Yamanote Line Shimbashi Station Shiodome Exit / Tokyo Metro Ginza Line Shimbashi Station Exit 2
・2-minutes on foot from Toei Oedo Line Shiodome Station
・1-minute on foot from Yurikamome Line Shiodome Station
◆電話番号 050-7542-9942
◆営業時間 月~日
ランチ 11:30~15:00
ディナー 17:30~23:30
◆定休日 無休